運行開始初日!新宿行き京王ライナー乗車記 ~2019年2月22日 京王ライナー上りデビュー~

 2019年2月22日、京王電鉄で1年ぶりにダイヤ改正を実施。なんと言っても目玉は「朝時間帯に上り京王ライナー新設」ですね。早速乗車してみたので、まとめていきたいと思います。


■上り京王ライナー概要

<平日>
京王八王子6:05→新宿6:47(2号)
   橋本6:20→新宿7:00(32号)
京王八王子8:31→新宿9:16(4号)
   橋本8:49→新宿9:29(34号)

 京王八王子始発・橋本始発、それぞれ2本ずつ設定。
 6時台と8時台に設定されており、オフピーク通勤の需要に応えるかたちですね。一方、最混雑時間帯である新宿8時台周辺はやはり設定できません。超過密ダイヤの京王線に現状では設定できる余裕はなさそうです…


<土・休日>
   橋本8:07→新宿8:49(32号)
京王八王子8:44→新宿9:28(2号)
   橋本9:27→新宿10:09(34号)

 京王八王子始発が1本、橋本始発が2本設定されています。
 平日と比べると時間は遅めで、都心へのお出かけにちょうどいい時間帯でしょうか。


<停車駅>
 京王八王子→北野→高幡不動→分倍河原→府中→新宿
 橋本→南大沢→京王多摩センター→京王永山→新宿

 既に設定されている下りライナーと変化はありません。ただ、新宿以外で降車することはできません。


<座席指定券>
 400円(車内料金700円)

 こちらも特に変化はありませんが、下りと違い全区間で座席指定券が必要です。ただ、座席指定券を購入できるのは車駅改札外に設置している券売機のみ(当日分のみ)です。
クレジットカードを所持しているのであれば、スマホ・PCから座席指定券を購入できる「京王チケットレスサービス」会員登録をし、そこで購入するのが得です。7日前から予約、さらに希望の座席も選べます。発券なしでそのまま乗車もできます。



■2019年2月22日、上り京王ライナー運行開始初日!乗車…の前に

 いよいよダイヤ改正初日!1番列車である6時台に設定されている2本は撮影することにしました。

画像

▲京王八王子始発新宿行き京王ライナー1番列車、京王ライナー2号!5731Fが充当され、京王ライナー運行開始1周年を祝うHMが付いています。

画像

▲橋本始発新宿行き京王ライナー1番列車、京王ライナー32号!5733Fが充当され、運転台前面に「朝ライナーDebut!」と表示されています。

 撮影場所である桜上水、これは2017年9月29日の5000系1番列車を撮影した思い出もあったり…ついに朝にも京王ライナーが設定されるほど時が経ったと考えると感慨深いものがあります。


 撮影も無事終了。今回は4号に乗車するので京王八王子へ向かいます。


■運行初日の京王ライナー4号に乗車

 京王八王子8:31→北野8:34→高幡不動8:40→聖蹟桜ヶ丘8:44→分倍河原8:48→府中8:50→新宿9:16


 京王八王子に到着。8:31の発車を待ちます。座席指定券は京王チケットレスサービスで既に予約済です。

画像

▲京王ライナー4号は2番線発。

画像

▲京王ライナー乗車位置。一般列車とは別に用意されています。

 上り京王ライナー最大の特徴として、1両につき1つのドアしか開きません。基本的に1両単位で最も後方(京王八王子・橋本側)のドアが対象となりますが、一部駅の一部号車では階段の位置等の関係で前方のドアが開く駅もあるので注意です。ちなみに京王八王子は8号車のみ前方ドアが開きます。
 京王公式HPでも乗車位置については公開していますので、ぜひそちらをご参照ください。


画像

▲1番線に停車している8:25発各駅停車新宿行き、高幡不動から特急新宿行き。この時間帯にはこのような列車は初設定ですが、実は京王ライナー運行により各駅停車の間隔が空いてしまうため、一部区間が各駅停車化。また、調布では京王ライナーの通過待ちをします。ちなみに、特急が通過待ちは初の事態。

 どうしても一般列車には影響を及ぼしてしまいます。難しいところ…

 (確か)8:15頃、ファンキーモンキーベイビーズ「あとひとつ」の京王八王子駅接近メロディーが鳴り回送として入線しました。新宿駅で下り京王ライナーが入線する際は専用接近メロディーが流れますが、どうやら上りライナーでは流れることはないようです。


画像

▲4号は5731F。京王ライナー2号から流れる運用ですね。

画像

▲「京王ライナー 新宿」表示!

画像

▲上り京王ライナーでは各車両に1人、社員の方が配置され「座席指定券」が必要であることを案内していました。徐々に乗客側も慣れてくると配置されることはなくなるのでしょうか…?現時点では不明ですが、やはり運行初日とあって「これは何?」と尋ねる人も見かけられました。

 ということで車内へ。

画像

▲暖色照明のクロスシート車内。下り京王ライナーと同じく、停車中は音楽が流れていました。

画像

▲京王ライナー新宿行きLCD。


画像

▲8:31、京王八王子を発車。この時点では3割程度の乗車率です。

 いつものライナーチャイムが流れ、列車案内が流れます。ちなみに途中駅は全て降車不可なので、停車前に自動放送は一切流れません。
次の停車駅は北野。ここで高尾山口始発の各停新宿行と接続します。個人的には高尾山口からの臨時京王ライナーが停車する高尾山口・高尾・めじろ台でも(運行日当日のみ)座席指定券購入ができる券売機が設置されていることを考えると、臨時京王ライナー運行日以外でも北野発で京王ライナー座席指定券が購入できればいいのに…などと思ってしまいます。

 すぐに北野に到着。「座席指定券が必要です」と車外スピーカーで案内した後に、乗車位置に該当するドアのみ開けます。北野では6号車のみ前方ドアが開くというパターンですが、しっかりとその通りにドアカットされているんですね。各駅様々なパターンがありますが、全て対応させているのは凄いなぁ…と感心してしまいました。
 8:34、北野を発車。チャイムなしで「この電車は~」といった自動放送が流れるのみで相変わらず途中駅についての放送はこの後も一切ありませんでした。

画像

▲この区間は先行列車の詰まりもなく快走!


画像

▲ちなみに途中駅ではLCDでこのように案内されています。

 8:40、高幡不動を発車。多摩モノレール線とも接続、ここからも乗車があります。
 
 8:44、聖蹟桜ヶ丘を発車。昨年から京王永山・京王多摩センターor聖蹟桜ヶ丘を選択利用できる定期券「どっちーも 多摩版」が登場。場合によっては相模原線or京王線で使い分けることもできますが、どうなのでしょうか。気になります。ここからの乗車も目立ちます。

 8:48、分倍河原を発車。JR南武線とも接続し、国立市内の南武線の駅などからも需要があるかもしれません。
 そして最後の途中停車駅である府中を8:50に発車。ここからは新宿まで一切停車しません。
 結局乗車率は自分が乗車している号車は7~8割ほどとなりました。あまり鉄道ファンは見回してもおらず、一般の通勤客らしき利用客が多数でした。


 相模原線と合流する調布直前から朝ラッシュの過密ダイヤということでノロノロ運転が目立ちます…が、こればかりはどうしようもないですよね。京王ライナーは「着席」できるという点で一般列車と比べてもだいぶ気が楽になるのではないかと思います。高架化後、千歳烏山と明大前に2面4線化されるとどう変わるのか気になりますね。

画像

▲ちょうどこの区間で運行開始初日を記念して社員の方から「朝上り京王ライナー導入記念」トレーディングカードが配布されました。土・休日限定で配布されているトレーディングカード、一部界隈ではコンプリートに全力を尽くすなど熱狂的なファンもいるようです。


 そしていよいよ明大前までやってきました。下り京王ライナーと同じように運転停車でしたが、ホームには多くの人。羨ましそうに見つめてくる目線が…。
 それはさておき、現状の混雑では明大前で客扱いするのはやはり難しいように感じてしまいます。

 トンネルに入り、京王ライナーチャイムが流れると終点・新宿です。9:16着。
 やはり座って新宿へ行けるというのは大きいと実感しました。最混雑時間帯とはズレてはいますが、やはり1度京王ライナーを利用してみると快適さを実感し定期的な利用に繋がっていくこともあると思います。

画像

▲おはよう新宿。快適な45分でした。


 このような座席指定列車の利用状況というのは長期的に見ていくことが必要なのではないかと思いますので、現段階で成功or失敗と捉えてしまうのはまだ早いかと思われます。3月ダイヤ改正で競合しているJR中央線の「中央ライナー」→特急「はちおうじ」化など気になる点もあります。今後どのように利用が定着していくか注目していきたいと思います。
 個人的には本当に快適なので満足です。皆さんも乗車してみてはいかがでしょうか?


■ちなみに…京王ライナー新宿到着後の折返しは?(※平日のみ)

 上り京王ライナー新宿到着後の折返し列車ですが、平日のみ各駅停車桜上水行きとして運転されます。
 なんと言っても特徴は座席転換することなく京王ライナーの座席であるクロスシートのまま運転されるということです。時間的に座席転換する余裕がない…という点や、そもそも平日朝下りとはいえ桜上水行きの利用者は多くないということからそのまま運転しているのだと思われます。

画像

画像

画像


▲平日深夜には高幡不動以西でクロスシート各停が見られるようですが、新宿口での設定はもちろん初めてです。

<51K運用>
 京王ライナー2号は新宿到着後、新宿→桜上水のみ営業列車。その後は京王八王子まで回送。
 京王ライナー4号は新宿到着後、新宿→桜上水のみ営業列車。その後は若葉台まで回送。

<53K運用>
 京王ライナー32号は新宿到着後、新宿→桜上水のみ営業列車。その後は橋本まで回送。
 京王ライナー34号は新宿到着後、新宿→桜上水のみ営業列車。その後は高幡不動(未確定)まで回送。

 5000系朝にも面白い運用ができましたね。上り京王ライナーの思わぬ副産物といったこころでしょうか。

"運行開始初日!新宿行き京王ライナー乗車記 ~2019年2月22日 京王ライナー上りデビュー~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: