日光線205系 「いろは」乗車記

 2018年4月1日、JR日光線に「いろは」がデビューしました。
 世界遺産・日光東照宮などのアクセス路線である日光線はもともと観光需要が多く、最近では外国人観光客の姿も目立つようになっていました。ただ、従来の車両は地元の通勤通学輸送を目的としたロングシートの205系が運行されているのみでした。
 そんな中…デビューしたのは観光輸送を意識した205系改造車「いろは」です。

 愛称「いろは」の由来として、日光の名所である「いろは坂」と「物事のいろは」を掛け合わせ、日光線の車内で日光の様々な魅力を感じていただきたいという思いがあるとのことです。


■「いろは」車両紹介

 日光線で運行されていた小山車両センター所属の205系600番台Y3編成(4両編成)が種車として改造されました。この編成、最初は京葉線に所属していたので、今回で2度目の改造工事となります。

画像

画像

▲「いろは」編成、205系600番台Y3編成。全体的にレトロを意識した和の色使い。
「キスゲ」「華厳の滝」「男体山・中禅寺湖」「龍」「鳳凰」「唐獅子」といったイラストが車体側面に配置されています。

画像

画像

▲もともとは4ドアでしたが、改造により中央の2つのドアを撤去。2ドア化されました。

画像

▲車内内装は木目調に大改造。優先席付近を除いて、木を使用したつり革に変更。車内広告は日光を紹介する内容に統一、車内照明はLED化されました。

画像

画像

画像

▲座席の多くは観光輸送を意識したクロスシート。日光方面を向いて右側には4人掛け、左側には2人掛けといった配置になっています。クラシックルビーブラウンをベースとした配色も車内の木目調にマッチしているように思います。木製の窓枠もペットボトルなどを置くことができるほどの幅なので有効活用できます。

画像

画像

▲ドア横・車端部は従来通りロングシートのまま。優先席以外のロングシートもクラシックルビーブラウンをベースとした配色の座席です。

画像

▲車内の座席は通路より1段高い位置に。こちらも景色を楽しんでもらうための配慮ですが、段差に気づかず転ばないように注意です。(実際にそのようなアナウンスがありました)

画像

▲各座席の上には座席番号が。座席指定列車としての運行にも対応しています。

画像

▲各車1箇所ずつ大型荷物置き場を新設。キャリーバックの収納などにはありがたい存在だと思います。

画像

▲ドアは車内の木目調に合わせた黒色に。ドア上には多言語対応の案内表示器が新設されています。表示形式から見る限りでは東京臨海高速鉄道70-000形と同様のものでしょうか。

画像
 
▲トイレは従来どおり4号車。また、車いすスペースが2号車・4号車、フリースペースは1号車にそれぞれ新設されました。

 このように外装・内装ともに大きく手を加えられていることがお分かりいただけると思います。これが京葉線で使用されていた通勤電車と同じ車両だった…とは思えません。JR東日本車で通勤電車から観光列車に変貌を遂げた例として自分は青梅線201系の「四季彩」を思い出してしまいました。


■「いろは」ダイヤ(※2018年4月時点のものです)

 デビュー日である2018年4月1日は宇都宮~日光の臨時快速「誕生いろは日光号」として運行。翌4月2日からは日光線の定期普通列車として運行されています。ダイヤは以下の通り。

   宇都宮 715→鹿沼 730
   鹿沼 737 →宇都宮 752
   宇都宮 759→鹿沼 814
   鹿沼 820 →宇都宮 835

   宇都宮 1038→日光 1127
   日光 1201 →宇都宮 1244
   宇都宮 1306→日光 1353
   日光 1419 →宇都宮 1501
   宇都宮 1505→日光 1547
   日光 1600 →宇都宮 1645

   宇都宮 1747→鹿沼 1801
   鹿沼 1830 →宇都宮 1844
   宇都宮 1852→鹿沼 1906
   鹿沼 1913 →宇都宮 1928


 検査等の理由では変更される可能性もあります。



■「いろは」乗車記

 デビュー直後の土曜日、宇都宮10:38発の日光行(837M)に乗車しました。

画像

画像

▲日光線ホーム5番線からの発車。「いろは」は2ドアのため、4ドアである通常列車とは異なる案内がされています。

 「いろは」は10:25頃に留置線から入線。すでにホームでは観光客による長蛇の列ができていたので、ドア扱いと同時に座席は全て埋まり、立ち客も。そのような状態でしたので、スーツケースを収納できる大型荷物置き場はかなり役立っていました。早くも「いろは」の強みが発揮されていましたね。

画像

▲ドア扱い直後の車内。青春18きっぷシーズンではありますが、車内で一番目立っていたのはジャパンレールパスを使用している外国人観光客の姿でした。

 自分は同行した友人と2人掛けのクロスシートに着席。クロスシートは場所によって窓割りと若干合わない場所もありますが、中央2つのドアがあった付近はしっかりと窓割りとマッチしていました。座り心地は…とても良い!もちろん座席指定列車としての運行にも対応しているので当然のことかもしれませんが、定期普通列車でこの座席は少し贅沢な感じさえあるくらいでした。(※あくまで個人の感想です)

 10:38、宇都宮を発車。初めて日光線の車窓をクロスシートから眺めます。車内放送は通常の車掌による放送と英語の自動放送が加わっています。



画像

▲10:52、日光線途中駅で利用客の多い鹿沼に到着。ダイヤの項でも書いた通り、朝夕の一部は鹿沼折返しとなります。

画像

▲11:01、文挾に到着。「ふばさみ」と読みます。

画像

画像

▲文挾~下野大沢の車窓。杉並木が多くなり、日光に近づいていることを実感します。途中、牛さんがいました。


画像

▲11:27、終点の日光に到着。ほぼ全ての乗客が日光まで乗り通しました。

画像

▲日光駅では「普通いろは」と案内していました。案内方法に統一は無いのでしょうか?


画像

画像

▲大正元年落成、日光駅の現駅舎。宇都宮~日光の各駅がレトロ仕様(駅名標など)になっているので、まさしく「いろは」はそのイメージにピッタリですね。

 今までなかなか観光特化した車両が投入されなかった日光線。「いろは」デビューによりさらに日光線が盛り上がるといいなぁ…と思います。車両自体は素晴らしいものなので、皆さんも是非乗りに行ってはいかがでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック