「京王ライナー」登場!京王電鉄2月22日ダイヤ改正概要

 2018年2月22日ダイヤ改正を行うと発表した京王電鉄。
 競合する小田急線の複々線完了による増発にどこまで京王が対抗できるか・・・といったことが注目された今改正の内容。夕夜間時間帯の下りに京王線初となる座席指定列車「京王ライナー」デビューを目玉にラッシュ時間帯中心に手を加えられるようです。
 というわけで1月24日の時点で判明している情報を元にまとめてみたいと思います。

改正日
平日:2018年2月22日(木)
土休日:2018年2月24日(土)


「京王ライナー」

画像

 5000系を使用した座席指定列車がデビュー。愛称投票の結果、約6300票を獲得した「京王ライナー」に決まりました。個人的には「WESTAR」派だったのですが・・・

■ダイヤ
 京王ライナーは京王八王子行きと橋本行きが運行されます。停車駅は次の通りです。

京王八王子行き・・・新宿→府中→分倍河原→聖蹟桜ヶ丘→高幡不動→北野→京王八王子
橋本行き・・・新宿→京王永山→京王多摩センター→南大沢→橋本


 主に長距離利用の旅客を目的としているので、明大前や調布を通過するというのは特筆されます。

画像


■料金・座席指定券
 座席指定料金は400円、府中・京王永山以降からの乗車は無料になります。
 座席指定券の購入方法は以下の2通りです。

新宿駅の専用券売機・・・乗車当日の始発~発車1分前までの販売。座席は自動的に割り振られます。
京王チケットレスサービス・・・乗車当日の始発~発15分前までWeb上での販売。座席番号の指定が可能ですが、決済は各種クレジットカードのみに限られます。


 座席指定券を事前購入せずに乗車した場合は700円徴収され、当然ながら満席時は着席することができません。

■サービス
 新宿駅の乗車ホームは2番線、1両のうち両端2カ所のドアのみが開いて客扱いを行い、新宿駅停車中はオリジナルBGMが流れます。スピーカーの音質の良さがここでも発揮されるようです。
 車内サービスとしては暖色照明、フリーWi-Fi、コンセントなど有料列車として相応しいものが提供されます。


■着席列車との競合
 新宿→八王子(京王八王子)で競合するJR中央線ホームライナー「中央ライナー」。ライナー券込みで料金は984円なのに対し、「京王ライナー」は座席指定券込みで760円。JR中央線の特急を合わせると着席列車の本数では差をつけられますが、無料Wi-Fi・コンセントといったサービス面では京王が有利ではないでしょうか・・・?(少なくともE353系導入前は)
 また、新宿→多摩センターで競合する小田急線では着席列車は設定されていません。快適な車内サービスを求めるのであれば、座席指定券込みの719円(3月17日以降の運賃値下げ後)である「京王ライナー」を選択するでしょう。


京王線
<平日>

朝間時間帯
画像

■新宿行き準特急を増発
 京王八王子始発を2本(6:43発、8:07発)増発。
 橋本始発を2本(6:41発、8:00発)、京王多摩センター始発を2本(7:02発、8:26発)増発。
 これにより京王八王子→新宿が最速50分(現行53分)、橋本→新宿が最速47分(現行54分)、京王多摩センター→新宿が最速38分(現行45分)で運行するようになります。ただし、一部列車は他種別からの置き換え列車もあるようです。

■京王多摩センター始発の急行を1本増発
 京王多摩センター始発の本八幡行きを1本増発。6:01発で、新線新宿には6:37着。

 注目の平日朝ラッシュ。競合する小田急は複々線完了後のダイヤ改正で、多摩線の急行・通勤急行(新設)を13本設定。小田急多摩センター→新宿を最速36分で結ぶようになり、時間面では京王が不利な状況に。特に、小田急多摩センター始発を6本設定するというのは真っ向から京王に勝負を仕掛けてきたという印象です。
 対する京王は相模原線を中心に拡充。京王多摩センター始発も増発されますが・・・京王線の線路容量とダイヤを考えるとこれが限界でしょうか。ただ、現時点で京王がやれることは最大限やった結果だと思います。


夕夜間・深夜時間帯
■座席指定列車「京王ライナー」新設
 
 平日は20時台~0時台まで設定。ダイヤは以下の通り、各5本ずつ運行されます。

京王八王子行き
1号・・・新宿20:00発→京王八王子20:39着
5号・・・新宿21:00発→京王八王子21:39着
9号・・・新宿22:00発→京王八王子22:40着
13号・・・新宿23:00発→京王八王子23:35着(最速)
17号・・・新宿0:00発→京王八王子0:36着

橋本行き
3号・・・新宿20:30発→橋本21:08着
7号・・・新宿21:30発→橋本22:08着
11号・・・新宿22:30発→橋本23:06着
15号・・・新宿23:30発→橋本0:02着(最速)
19号・・・新宿0:20発→橋本0:53着


 

■下り特急の一部を準特急
 18時台~0時台にかけて、現行下り特急のうち19本を準特急へ格下げ。準特急の運行本数の変化は次の通りです。

18時台:0本→3本
19時台:0本→4本
20時台:3本→5本
21時台:3本→5本
22時台:0本→3本
23時台:0本→4本
0時台:0本→1本



■都営新宿線からの八幡山行きを笹塚止まりに短縮
 18時台~20時台にかけて設定されている本八幡発の八幡山行きを全て笹塚止まりに短縮。笹塚では準特急と接続します。


■都営新宿線から相模原線方面への直通列車を増発
 現行では既に直通列車が終了していた新線新宿23時台に本八幡発橋本行きの区間急行を2本、快速を1本増発。


■終電延長
 各方面への列車が1分ほど延長。高尾線方面へは現行より8分も延長された0:08となります。


 もっとも変化の大きい平日の夕夜間・深夜時間帯ですが、小田急複々線への対抗策は「京王ライナー」の新設のみ。個人的にはそれより、「京王ライナー」が0時を過ぎても設定されるというのは非常に大きいのではないかと思います。同じ新宿を発車する小田急の「ホームウェイ」は23:53発、JR中央線の「中央ライナー」は23:15発が最終だと考えると、いかに遅くまで設定されているかというのが分かります。
 また、「京王ライナー」の設定により通常列車の減便などが危惧されていましたが、実際は八幡山行きの短縮のみで済みました。しかし、短縮する八幡山行きの補填として、笹塚で接続するようにするため特急の一部が準特急に格下げになり、所要時間が伸びてしまうものと思われます。「これは改悪だ!」という意見もあるかもしれませんが、高架化工事の進捗によりいずれかは八幡山の留置線は使用停止となってしまうため、これは仕方がないことなのかもしれません。


<土休日>
夕夜間・深夜時間帯


■座席指定列車「京王ライナー」新設
 平日と同様のサービスで17時台~21時台にかけて設定されます。ダイヤは以下の通り、各5本ずつ設定されます。

京王八王子行き
1号・・・新宿17:00発→京王八王子17:39着
5号・・・新宿18:00発→京王八王子18:39着
9号・・・新宿19:00発→京王八王子19:38着
13号・・・新宿20:00発→京王八王子20:38着
17号・・・新宿21:00発→京王八王子21:38着

橋本行き
3号・・・新宿17:20発→橋本17:54着
7号・・・新宿18:20発→橋本18:54着
11号・・・新宿19:20発→橋本19:54着
15号・・・新宿20:20発→橋本20:54着
19号・・・新宿21:20発→橋本21:54着



■終電延長
 各方面の終電が1分ほど延長。


 「京王ライナー」の新設を除いて大きな変化はなさそうです。土休日の「京王ライナー」は平日とは異なり、レジャー帰りの旅客を主にターゲットにしているのか設定時刻は平日よりは早めです。土休日には競合するJR中央線には「中央ライナー」の設定が無いため、八王子方面へは貴重な着席列車となりそうです。


<平日・土休日共通>
■途中で列車種別が変更となる列車の案内表示の変更
 現行は種別が変更となる駅を終点として案内していますが、改正後は最終的な行先を終点として案内するように変更されます。

(例)橋本~新線新宿は急行、新線新宿~本八幡は各停の列車の場合・・・
現行では「急行新線新宿行き 新線新宿から各停本八幡行き」ですが、
改正後は「急行本八幡行き 新線新宿から各停」と案内されるようになります。

 他社と違った案内をしていた京王に対し、苦情があったのかもしれません。これにより新線新宿行きや調布行き表示の大部分が見られなくなってしまうことになりそうです。


井の頭線
<平日・土休日共通>

深夜時間帯
画像

■明大前行き新設
 深夜に吉祥寺発明大前行き(0;20発→0:35着)を設定。

 明大前行きは史上初の設定。2017年度に整備された明大前駅のポイント設備を活用し、吉祥寺方面から京王線方面への最終時刻が延長されます。





 以上が簡単な内容です。詳細の時刻はまだ公開されていないので、それを待ちたいと思います。
 個人的に思ったこととしては、ダイヤ改正発表の遅さ!小田急が前々から改正を予告していたのに対し、京王は1月24日にようやく発表。そして、改正時期はまさかの2月22日。小田急より前に改正を行うとは思いませんでした。あまり言い方は良くないと思いますが「究極の後出しジャンケン」とも捉えることができるこの内容、特に京王線初の座席指定列車「京王ライナー」の乗車方法の周知などがあと1ヶ月以内にできるのかといった疑問点も個人的には浮かびます。ただ、京王5000系の存在自体は一般の乗客を含めかなりの認知度を得た(・・・ように自分は感じています。)ように、今回の京王のPR方法は成功だと思っています。同じように「京王ライナー」のPRを進めていただけたら、と思います。

 「HELLO!NEW ODAKYU」の対抗策が中心となった今改正。互いに競いあって、良質な輸送サービスの提供に期待していきたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック