鹿島臨海鉄道大洗鹿島線乗車記

 久しぶりの乗車記です。 

 先日記事にした鹿島サッカースタジアム駅訪問のついでに、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線に乗車してみることにしました。鹿島臨海鉄道大洗鹿島線とは

区間:鹿島サッカースタジアム(臨時駅)~水戸
駅数:15
開業:1985年
総距離:53.0キロ


の全線非電化・単線の路線。もともとは国鉄の路線として開業予定でしたが、輸送密度が少なくなることが予想されたことから、赤字が続く国鉄直営での開業は不可能に。その結果、1984年に第三セクターである鹿島臨海鉄道に引き受けられ、1985年に無事開業しました。ちなみにこの路線は、建設途中の国鉄新線が、赤字経営の国鉄の工事凍結を免れ、第三セクター線として開業した初めての路線のようです。

 区間は鹿島サッカースタジアム~水戸とありますが、鹿島サッカースタジアム駅は試合開催日のみの営業となるため、基本的には通過扱いとなります。列車はJR鹿島線に乗り入れ鹿島神宮まで全ての列車が直通することから、実質的な運行区間は鹿島神宮~水戸となっています。あまり、鹿島サッカースタジアム駅は会社の境界駅という感じはありませんね。

 今回は鹿島サッカースタジアム駅→水戸駅に向かいます。鹿島サッカースタジアム駅で、水戸までの乗車券を購入。軟券でした。

※記事内に車内から撮った車窓の写真を載せていますが、当日が雨だったため窓ガラスが曇っていました。一部、見づらい写真がありますがご了承ください。
 
 しばらくすると、12:??発の鹿島神宮始発の水戸行き(146D)が入線。

画像

▲車両は6000形2両編成。ラッピングにインパクトがありますね・・・。

画像

▲鹿島神宮からサッカー観戦客がドッと降りてきました。入線した時は車内に立ち客が多くいましたが、鹿島サッカースタジアムで大きく乗客が減るようです。

画像

▲車内は転換クロスシートで端部はロングシートという、よくある構成。車内にもキャラクターのラッピングが!

 3割程度の乗車率で鹿島サッカースタジアムを発車。鹿島神宮→鹿島サッカースタジアムで乗車した新型車両8000形は通勤・通学客を重視したロングシート仕様だったので、乗車している6000形とだいぶ印象が異なります。ただ、新型8000形と比べて、6000形のエンジン音はかなりウルサく感じました。こういうところが、気動車の進歩なんですかね。

 鹿島サッカースタジアムから二駅、「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前(ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまえ)」という駅に到着。この駅は読み仮名が22文字もあり、南阿蘇鉄道の「南阿蘇水の生まれる里白水高原(みなみあそみずのうまれるさとはくすいこうげん)」と並んで、日本一長い駅名です。

画像

▲長すぎて、駅名標が2行になっています。

 車窓には田畑や住宅が広がります。乗っていて気づいたのですが、踏切が1つもない!全て立体交差されており、高架区間も多いです。雰囲気はローカル線ですが、線路規格などを見ると全くローカル線らしくないですね。

画像

▲鹿島大野駅で行き違いした列車は「ガルパン列車」。鹿島臨海鉄道とコラボし、盛り上がっているようです。自分はこの分野はあまり詳しくないので分かりませんが、周りには「ガルパン」目当てで鹿島臨海鉄道に乗ったという人もいるようで、かなり効果が出ているようです。

画像

▲ちなみに、大洗鹿島線からは海は見えません。

 13:18、新鉾田に到着。ここは比較的大きな町で、ここから徒歩20分ほどの場所に鹿島鉄道の鉾田駅もありましたが、2007年に廃止されてしまいました。

画像

▲新鉾田駅。

画像

▲北浦湖畔駅。1面1線の高架駅というのも多くあります。

 涸沼~大洗の大洗鹿島線唯一のトンネルである大貫トンネル(1380メートル)を通ると、大洗市街地へ。

画像

▲大洗に近づいてくると、大洗港が遠くに見えます。フェリーでしょうか?

 13:41、大洗に到着。沿線途中駅では一番大きな駅で、2面3線です。鹿島臨海鉄道の本社・車両基地も併設される他、大洗~水戸の折り返し列車も多数運行されるなど、拠点駅といった感じです。大洗からは多くの乗客が乗り込み、立ち客もチラホラと現れました。やはり大洗~水戸の利用客は多いようです。

画像

▲拠点駅、大洗駅。

画像

▲大洗を出ると、田園風景も広がってきますが・・・すぐに水戸市街地に入ります。

 そして13:56、終点の水戸に到着。到着番線は8番線の鹿島臨海鉄道専用ホームです。

画像

鹿島臨海鉄道鹿島大洗線、全線完乗!

画像

▲鹿島臨海鉄道専用である8番線はJR常磐線と隣り合っているので、駅名標がJR仕様!



 非電化のローカル線ではありますが、もともと国鉄の路線として開業予定だったこともあり、他のローカル線にはない近代的な雰囲気を感じることができます。次に訪れる時は、途中下車もしてみたいと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック