18きっぷで行く富山の旅 その5 ~富山ライトレール乗車~

 その4の続きです。


 遂に富山に到着しました。

画像


画像

 おおおおお!当たり前だけど、大都会だ!!

画像

 電鉄富山駅。立派な駅舎です。


 とりあえず、JRの駅へ。現在、JR・あいの風とやま鉄道の高架化工事中です。

画像

 北陸新幹線発車標。「かがやき」「はくたか」「つるぎ」の全列車をコンプリート!

画像


画像

 なんとJR改札の向かい側に富山地方鉄道市内線の電停が…!なんて便利なんだ!!


画像

 一方、在来線の改札。まだ在来線は完全に高架化されていないので、仮設状態でした。



 富山駅の綺麗っぷりにビックリしました…。


 一旦、昼食をとる為に駅を出ます。富山駅周辺は意外と店が無く、探すのが大変でした。

 結局、駅ロータリーを挟んだ向かい側にある、ビルに入居しているサイゼリヤに行きました。

 ピザとハンバーグを爆食い。朝食も食べていなかったので…。



 お腹を満たし、再び駅へ。

 これからは富山ライトレールに乗ります。

 富山ライトレール(通称:ポートラム)とは赤字路線で廃止も検討されていたJR富山港線を引き継いで、2006年に全国初の第三セクター方式での路面軌道転換された路線です。もともと富山市はマイカー依存率が高く、市街地が分散していたが、開業によりマイカー使用率が下がり、沿線に核となるエリアを造り、賑わいを集約させるという結果となり、全国の自治体から注目されている路線でもあります。

 富山市はLRTの良さに早くから気づき、駅の反対側の富山地方鉄道市内線の整備にも力を入れています。

 地方都市でこんなに鉄道路線が整備されているなんて凄いです。



 今、自分達は南口なので、長い地下通路を通って北口へ。これも高架化されたら南北の縦断が楽になるのでしょう。


 そして、北口到着。

画像

 見えてきました。富山ライトレール、富山駅北電停です。

画像

 芝生化されています。

画像

 車両はTLR0600形。全7編成7色です。個人的にこのデザインは好きです。

画像


画像

 自分達が乗ったのは第5編成。

画像

 LCDによる案内(画像が上りなのは気にしないで下さい…)。


 列車は15分間隔で、自分達を乗せた岩瀬浜行きは13:30に発車しました。

 奥田中学校前までは併用軌道。併用軌道区間は複線化の予定があるという。約1.1キロ走ったところで、奥田中学校前。ここからは旧富山港線の線路を走ります。

画像


画像

 一見、トラムが走るような線路では無いように見えます。

画像

 一部の途中駅ではホームからそのままバスに乗り継げるようになっています。これをフィーダーバスといい、トラムと乗り継ぐことで、沿線以外の客も利用することができ、利用を促進することになります。

画像

 単線なので、交換待ちもあります。


画像

 終点一つ手前の競輪場前。駅名通り、目の前に競輪場が…!

 実は競輪場前はJR時代は臨時駅でした。しかし、LRT化後に常設駅となりました。
 その他にも、JR時代には設置されていない場所に駅が設けられるなど、沿線の利便性はJR時代より向上しました。

 そのおかげか、とても利用率は良いように感じます。この昼間でも席が塞がるほど。再開業から10年が経とうとしていますが、完全に市民の足となっていることを実感しました。

 終点、岩瀬浜には13:54に到着。13駅、24分の旅でした。

画像


画像

 
画像

 1面1線の棒線駅です。終着駅としては少し寂しいですが、それもそれで良い物ですね。

画像


画像

 フィーダーバスのロータリーがあります。


 折角なので、歩いてすぐの岩瀬浜海水浴場に行ってみることにしました。

画像


画像

 気持ちいい!
 海水浴場ってこんなに静かな場所もあるのですね。若者が多くいましたが、うるさくなく、静かに(?)遊んでいました。


 なんとなく旅の目的地感があります。何しろ、これから先はどんどん東京に近づいていくだけなのだから…。



 しばらくして戻り、コンビニで食料補給。


 岩瀬浜から富山駅北行きに乗ります。

画像

 帰りはトップ編成。14:31に発車しました。

 富山駅北には14:55着。上下ともに絶対、24分で到着。


 富山ライトレール…乗ってみてとても良い路線でした。終着駅の岩瀬浜の雰囲気も良いし、先進的な取り組みも勉強になりました。

 今まさに、全国でLRT導入の検討が行われていますが、富山という成功例ができたので、今後導入が加速するかもしれませんね。


 富山ライトレールもまだまだ進化する予定です。
 
 駅北側から発着するライトレール、南側から発着する地鉄市内線。JR高架化後に、遂に一つの線路で結ばれる予定です。これによって、富山の交通体系がまた一つ進化するでしょう。数年後に完成予定とのことで、期待したいです。

画像

 今回は時間が無かったので地鉄市内線には乗ることができませんでしたが…

 またいつか富山を再訪しようと思いました。


 その5に続く!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック