ガーラ湯沢線乗りつぶしの旅(3)

※(2)の続きです!




 無事にガーラ湯沢線に乗り終えたので帰っても良いのですが、水上方面の列車は僅か7分前に行ってしまったばかりで、次の列車は約3時間後の15:05です・・・。


 なので、まだ乗ったことの無い北越急行線の車両に乗ってみようと思い、JR区間の六日町まで行ってみることにしました。


 しばらく時間があるので簡単に駅の列車を撮影。

画像

 スノーラビット単体。


画像

 スノーラビットとJR西日本車の併結。


 駅の列車といっても、殆ど「はくたか」ですがね。


 13:39発のワンマン直江津行きに乗車します。0番線からでした。

画像

 「ゆめぞら」でした。平日なので流石にトンネル内の上映は行われません。

画像

 内装は転換クロスシート。



 席はだいたい埋まって発車。この列車は普通列車でしたが、石内~塩沢は通過します。とても乗り心地が良かった気がします。六日町には13:54に到着。


画像

 北越急行仕様の駅名標。


画像

 六日町駅構内。


 改札を出てみましたが、あまり見所が無さそうなので待合室にとどまっていました。


 14:28のワンマン越後湯沢行きで六日町を後にしました。

画像

 また別の「ゆめぞら」でした。写真は越後湯沢撮影。


 この列車も普通なのに上越国際スキー場前~石内は通過しました。14:45に越後湯沢に到着。ここからは東京に帰るだけです。


 15:05の水上行きに乗車。新新潟色でした。やはり席は結構埋まっています・・・。水上には15:43に到着。



 水上からは高崎行き、高崎からは上野行きで帰りました。何故か、高崎線は上りなのに激混みでした。そして、「スワローあかぎ」の悪口を言っている人がいました。地元客が言うからには本当なのか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック