伊豆箱根鉄道駿豆線乗りつぶしの旅

岳南電車乗りつぶしの旅の続きです。



 吉原14時34分発の熱海行きに乗車。三島には14時56分に到着しました。これから駿豆線に乗車します。


画像

 元西武の車両。オールロングシートでした。


 列車は1時間に4、5本あります。特急「踊り子」も乗り入れており、駿豆線内では特急料金が要らないのが有名です。


 三島発車時は殆どの席が埋まっていましたが、だんだんと客が減って、終点の修善寺に到着しました。


画像

 駅名標。


画像

 現在は駅のリニューアルの真っ最中です。


画像

 乗ってきた車両。



画像

 駅舎はだいたいが出来上がっており、とても綺麗でした。駅の中には土産屋もありました。


 温泉街は少し駅から離れているので、行くことはできませんでした。




 そして三島へ戻ります。


画像

 伊豆箱根オリジナルの車両。なんとこの車両…


画像

 こんな豪華なボックス席の車両です!



 車両端の座席の幅は特に広く、「得した」と思っていたのですが、よく揺れました…。車両は豪華でも線形はローカル線らしかったです。



 三島に到着してから、東海道線で熱海と平塚で乗り継いで帰りました。



 

 今回の旅の感想として静鉄・伊豆箱根はまるで東京近郊のような雰囲気がある都会な鉄道でした。一方で岳南電車のような一両編成で経営の厳しいものも…。地方鉄道にも様々なものがあるのだと、思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック