ついに廃車も・・・京王7000系8両編成

 9月29日から営業運転を開始した京王5000系。来年春の座席指定列車のデビューを前に通常の一般列車として運用に就いています。  しかし、一方では京王線最古参である7000系には動きがありました。当初は「京王5000系は座席指定列車用の車両なので置き換える必要はないのでは?」という意見もありましたが、実際は組み替え・廃車が発生しました。  今回、動きがあったのは7000系8両編成。7…

続きを読む

奥羽本線で板谷峠越え ~2017夏の東北乗り鉄旅(6)~

 ついに夏の東北乗り鉄旅、最後の記事です。新潟を出発し、米坂線経由で米沢に到着しました。  (6)では奥羽本線で板谷峠越えと帰京への道について書いていきたいと思います。 ▲米沢駅。西口は市街地側にあるとあって様々な店が並んでいます。しかし、東口(2枚目)はロータリーがあるくらいでひっそりとしていました。地方駅あるあるですね。 ▲米沢駅東西自由通路から。「つばさ」が福島・…

続きを読む

米坂線快速「べにばな」乗車記 ~2017夏の東北乗り鉄旅(5)~

 東北乗り鉄旅3日目です。最終日となる今日は米坂線・奥羽本線を経由して東北本線へ出て帰京というルートで行きました。  まずは、宿泊した新潟駅からスタート。この日も「青春18切符」を使用しました。 ▲改札入ると、E129系と115系が並んでいました。まさに新潟地区の新旧車両の共演ですね。  まず、乗車するのは米坂線快速「べにばな」。坂町~米沢を結ぶ米坂線ですが、1日1往復の快速「…

続きを読む

「きらきらうえつ」乗車記 ~2017夏の東北乗り鉄旅(4)~

 夏の東北旅行2日目、今回は「きらきらうえつ」と羽越本線の未乗区間に乗車して新潟に向かったことについて書いていきたいと思います。  陸羽東線で酒田に到着。ここからは「きらきらうえつ」に乗車するのですが、発車まで少し時間があったので酒田駅を発着する列車を観察してみます。 ▲15:28発の村上行(830D)。羽越本線は電化されていますが、デットセクションがある関係で気動車での運転…

続きを読む

新庄機関庫と陸羽西線乗車 ~2017夏の東北乗り鉄記(3)~

 夏の東北旅行2日目、仙台から「リゾートみのり」で新庄に到着。新庄到着後の出来事と陸羽西線に乗車した話について今回は書いていきたいと思います。 ▲新庄では「とれいゆつばさ」の姿が!その後、「つばさ」と並んだ姿を撮ることができました。  陸羽西線に乗車する前に、いったん駅を出て昼食をとることにします。いくら新幹線の終着駅であるとはいえ、駅前に様々な店があるわけではないので・・・…

続きを読む

「リゾートみのり」乗車記 ~2017夏の東北乗り鉄旅(2)~

 夏休みの東北旅行2日目。今回は陸羽東線「リゾートみのり」乗車記を書いていこうと思います。  長町の宿を出て、まずは仙台へ向かいます。 ▲8:21発の仙台行(573M)に乗車。さすが仙台都市圏、この時間帯には約5分間隔で列車がきて便利です。ちなみに今回の旅でようやくE721系0番台に乗れました。  8:27に仙台到着。しばらく時間があるので駅を出ます。 ▲仙台…

続きを読む

東北本線を北上 ~2017夏の東北乗り鉄旅(1)~

 夏休みに2泊3日で東北乗り鉄の旅に行ってきました。3回に分けて書いていきます!  初回の今回は1日目、東北本線をひたすら仙台まで北上したことについて書いていきたいと思います。  朝はゆったりと起き、新宿から埼京線の通勤快速で大宮に向かいます。 ▲通勤快速のLCD。初めて乗りましたが赤羽~大宮の途中停車駅は武蔵浦和のみとあって、非常に早く感じました。  大宮からは9:…

続きを読む

北陸鉄道浅野川線乗車記 ~富山・金沢ローカル線旅(7)~

 北陸旅行記、今回でついに最終回。今回は北陸鉄道浅野川線乗車記を書いていきたいと思います。この路線は元京王車が走っているので、京王ファンである自分にとって訪れたい路線の一つでもありました。 北陸鉄道浅野川線データ 区間:北鉄金沢~内灘 駅数:12 全通:1925年 総距離:6.8キロ  (6)で書いた石川線のもう一つの北陸鉄道の路線です。両線は接続しておらず、独立した路線とな…

続きを読む

北陸鉄道石川線乗車記 ~富山・金沢ローカル線旅(6)~

 夏休みに1泊2日の日程で行った北陸旅行。今回は6回目です。  JR氷見線乗車後、金沢へ向かうことにします。高岡からはあいの風とやま鉄道に乗車して金沢に行こうと思っていたのですが・・・2両編成で入線してきた10:03発の金沢行は大混雑。日曜日ということで混んでいたのでしょうが、ちょっと輸送力不足(18切符は使えない区間なので18きっぱーで混雑しているということではないと思われます)かな・・…

続きを読む

京王線新型車両5000系デビュー!

 2017年9月29日、京王線16年ぶりの新型車両である5000系が運行を開始しました。5000系はロングシート↔クロスシートに切り替えることが可能で、一般列車としてだけでなく2018年春から運行開始予定の座席指定列車としても運行される予定です。また、都営新宿線にも乗り入れ対応しています。  今回の記事では運行開始前からの動きについても簡単に振り返りながら、デビュー日の様子について…

続きを読む

富山・金沢ローカル線旅(5) ~JR氷見線乗車~

 北陸旅行も2日目。1日目は富山地方鉄道を乗りつぶしましたが、2日目は金沢方面へ向かいます。その際、途中の高岡で下車してJR氷見線に乗車してみることにしました。今回はその乗車記について書いていきたいと思います。  富山駅前のホテルで一泊し、朝7時頃に出発。まずは、あいの風とやま鉄道で高岡へ向かいます。券売機ではJR氷見線の区間への切符も取り扱っていたので購入。高架化工事真っ最中の駅構内から…

続きを読む

富山・金沢ローカル線旅(4) ~富山市内電車乗車~

※(3)の続きです。  (4)の今回は富山市内電車乗車記について書いていきたいと思います。  富山駅南側に路線網をもつ市内電車。正式には富山地方鉄道富山市内軌道線であり、市内電車などと呼ばれており、今回の記事では市内電車と書かせていただきます。 ▲市内電車の路線図  市内電車は6つの路線から成り立っています。 本線:南富山駅前~電鉄富山駅・エスタ前 支線:電鉄…

続きを読む

富山・金沢ローカル線旅(3)~富山地方鉄道不二越・上滝線、立山線乗車~

※(2)の続きです。  (3)の今回は富山地方鉄道不二越・上滝線と立山線の乗車記について書いていきたいと思います。 ▲不二越・上滝線はオレンジ、立山線が緑色の区間です。稲荷町で分かれますが、岩峅寺では合流するルートです。  まずは不二越・上滝線。途中に「・」が入っていることから分かるように、不二越線と上滝線に分かれています。ただ、全列車が直通運転を行っているため不二越・上滝…

続きを読む

富山・金沢ローカル線旅(2)~富山地方鉄道本線乗車~

※(1)の続きです。  北陸新幹線で黒部宇奈月温泉に到着し、ここから富山地方鉄道を乗りつぶし。 (2)の今回は富山地方鉄道本線乗車記について書いていきたいと思います。 富山地方鉄道本線データ 区間:電鉄富山~宇奈月温泉 駅数:41 全通:1936年 総距離:53.3キロ  データを見ると分かりますが、距離が長い!地方私鉄ではかなり長い方に分類されるのではないでしょうか…

続きを読む

富山・金沢ローカル線旅(1)~北陸新幹線乗車~

 夏休みを使って、1泊2日の富山・金沢ローカル線旅に行ってきました。まだ自分は北陸方面に行った回数があまりなく、未乗路線も多かったので新鮮でした。今回は数回に分けて投稿していこうと思います。  旅の起点は東京駅。まずは北陸新幹線で富山入りします。新幹線ホームの20・21番ホームへ。 ▲20番線6:28発の「はくたか 551号」に乗車します。 ▲「つばさ 121号」。E3…

続きを読む

いすみ鉄道いすみ線乗車記

 先日の小湊鉄道線の記事に続き今回は上総中野で接続する、いすみ鉄道いすみ線について書いていこうと思います。  いすみ鉄道いすみ線とは 区間:上総中野~大原 駅数:14 開業:1930年(前身の国鉄木原線として) 総距離:26.8キロ(全線単線・非電化) というローカル線。最近は小湊鉄道と同じく、メディアでの露出も増えています。  もともとは国鉄木原線として開業したのですが、…

続きを読む

小湊鉄道線乗車記

 少し前の話ですが、小湊鉄道線・いすみ鉄道いすみ線に乗車しました。いまや、首都圏を代表するローカル線となった両線。まだ自分は未乗だったので、初めての訪問でした。今回は本当に乗っただけですが・・・。  今回は小湊鉄道線を取り上げます。  小湊鉄道線とは 区間:五井~上総中野 駅数:18 開業:1925年(全通は1928年) 総距離:39.1キロ(全線単線・非電化) という路線…

続きを読む

関東鉄道竜ヶ崎線乗車記

 先日アップした鹿島臨海鉄道乗車(4月8日)の後、ついでに関東鉄道竜ヶ崎線に向かうことにしました。関東鉄道竜ヶ崎線とは・・・ 区間:佐貫~龍ケ崎 駅数:3 開業:1900年 総距離:4.5キロ という非常に短い非電化の路線。この路線は色々と面白く、列車交換する設備のない全線単線という非常にシンプルな路線です。路線距離からしてみれば不都合はないかもしれませんが、そもそもこのような…

続きを読む

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線乗車記

 久しぶりの乗車記です。   先日記事にした鹿島サッカースタジアム駅訪問のついでに、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線に乗車してみることにしました。鹿島臨海鉄道大洗鹿島線とは 区間:鹿島サッカースタジアム(臨時駅)~水戸 駅数:15 開業:1985年 総距離:53.0キロ の全線非電化・単線の路線。もともとは国鉄の路線として開業予定でしたが、輸送密度が少なくなることが予想されたことか…

続きを読む

都営新宿線 新型車両10-600F運行開始

 6月26日より、都営新宿線今年度3本目の新型車両である10-600Fが運行を開始しました。6月5日の10-590F以来、今月2本目の新型車両です。 ▲運行初日の10-600F。八幡山始発のシーン。新車の運行初日は必ずといっていいほど41T運用に入りますね。 ▲今までと同様、総合車両製作所製造です。  今年度投入された編成は全て4次車。この10-600Fも4次車で、…

続きを読む