2019年2月22日 京王電鉄ダイヤ改正

 2019年2月22日、京王電鉄はダイヤ改正を実施。前回の改正が2018年2月22日であったのでちょうど1年ぶりですね。簡単に内容をまとめてみたいと思います。


<京王ライナー関連>


画像


 運行開始1週年を迎える京王ライナー。先日には利用客が100万人を突破するなど、人気を集めています。特に平日20時台は満席の列車が多いですね。
 そんな京王ライナーですが、さらなる拡大が行われます。

■上り京王ライナー新設

 ついに朝時間帯に新宿行の京王ライナーが登場です。

平日

京王八王子 6:05→新宿 6:47(2号)
    橋本  6:20→新宿 7:00(32号)
京王八王子 8:31→新宿 9:16(4号)
    橋本  8:49→新宿 9:29(34号)


 平日は京王八王子発2本、橋本発2本が新設。

土・休日

    橋本 8:07→新宿 8:49(32号)
京王八王子 8:44→新宿 9:28(2号)
    橋本 9:27→新宿 10:09(34号)


 土・休日は京王八王子発1本、橋本発2本が新設。

 停車駅は下りと同じく

京王八王子→北野→高幡不動→聖蹟桜ヶ丘→分倍河原→府中→新宿
橋本→南大沢→京王多摩センター→京王永山→新宿

です。ただ、途中駅での下車は不可で、全区間で座席指定券が必要となります。よって下りのように例えば府中~京王八王子は一般客も利用可能…とはならないので注意です。

 正直な話、現ダイヤでの優等列車と所要時間はほとんど変わりません。しかし、着席需要は高いと思われ、特に平日については非常に人気な列車となるのではないかと思われます。
 また、通勤・通学ラッシュがない土・休日にも設定となりました。時間帯的にも都心へのお出かけにちょうど良い時間ということで、新たな需要を掘り起こすことができるのか注目したいと思います。


■土・休日の下り京王ライナー増発

 現在17時台~21時台にかけて運行している土・休日の下り京王ライナー。こちらは増発されます。

新宿 16:20→橋本 16:54(31号)

新宿 22:00→京王八王子 22:34(11号)
新宿 22:20→橋本 22:52(43号)


 16時台に橋本行1本、22時台に京王八王子行1本と橋本行1本が増発です。
 平日ほど乗車率の高くない土・休日ですが、運行拡大されました。当然、京王側も土・休日の満席は想定していないですし、本数を増やすことで利便性を高める方針なのかもしれません。
 停車駅や乗降フリー区間などは従来の下りと全く同じです。

■新宿~高尾山口に臨時座席指定列車を設定

 紅葉シーズンに運行された「Mt.TAKAO号」や元旦の「京王ライナー 迎光号」など、新宿~高尾山口では臨時に座席指定列車が運行されましたが、改正後も新緑・紅葉の時期などに臨時座席指定列車を運行することが発表されました。
 定期列車ではやはりシーズン外では乗車率が低くなることが予想されるので、これからも比較的需要の高い時期に絞って運行を続けていくものと思われます。

■号数を整理

 現在、京王八王子行・橋本行関係なく発車順に「1号」「3号」…と割り振られていますが、改正後からは新宿~京王八王子を1~30号、新宿~橋本を31号~60号と行先ごとの発車順に整理されます。当然ながら下り列車は奇数、上り列車は偶数です。

■京王チケットレスサービス改良

 京王ライナー座席指定券をwebサイトで購入できるサービスですが、購入が乗車7日前の7:00(京王パスポート会員なら6:00)から購入できるようになります。
 また、今回の上り京王ライナー新設により新宿以外の停車駅にも券売機が設置されることになりました。ただ、発売は当日便のみで全て改札外での設置です。例えば、京王チケットレスサービスには会員登録しておらず、京王ライナーが通過する駅から乗車する場合は最寄りの京王ライナー停車駅の改札を一旦出てから買わなければいけません。
 クレジットカードを所有していない利用者にとっては少し不便になってはしまいますが、おそらく京王としてもチケットレスサービスに誘導したいのが本音なのだと思います。



 京王ライナー関連は以上ですが、今後は平日18時台・19時台あたりの下りライナー設定も希望したいですね。ますます便利になることを期待。



<京王線系統 一般列車>

画像



■朝時間帯、相模原線からの急行準特急に格上げ

 多摩センター→新宿で激しい競合を繰り広げている小田急に対抗し、朝ラッシュの一部列車が準特急化されます。


<改正前>急行 本八幡行
京王多摩センター 6:01→新線新宿 6:37
<改正後>準特急 新宿行
京王多摩センター 6:02→新宿 6:33

<改正前>急行 本八幡行
橋本 7:42→京王多摩センター 7:50→新線新宿 8:39
<改正後>準特急 新宿行
橋本 7:43→京王多摩センター 7:52→新宿 8:36


 このように都営新宿線方面への急行が地上運用の準特急に変更となります。ちなみに減少分の都営新宿線直通列車を補うためか、高尾山口発本八幡行が朝に設定されるようです。


特急準特急の化け列車が増加


 朝や夜時間帯に高幡不動で種別を変更する特急準特急が一気に多くなった印象です。各停の区間短縮や京王ライナー増発関連など様々な理由があるとは思いますが…。特に下り列車の深夜は一気に増えました。
 実質的な有効本数が変わらないとはいえ、今後もこのような流れが続いていくのでしょうか。


■(個人的に把握できた)細かな変更点

 まずは廃止される列車としては本八幡からの京王八王子行や、区間急行大島行、急行京王八王子行など。
 一方で、新宿始発の快速京王多摩センター行、つつじヶ丘始発の区間急行…などが設定されます。

 また、京王ライナーの退避を行う特急、つつじヶ丘で通過待ちを行う区間急行…など新たなパターンも誕生。



<井の頭線関連>

画像


■平日9時・10時台増発

 9時・10時台の渋谷着の急行と各駅停車を1本ずつ増発するようです。
 やはり井の頭線関連はそれほど大きい動きはありませんでした。



 薄い内容となってしまいましたが…2月22日当日が楽しみですね。

"2019年2月22日 京王電鉄ダイヤ改正"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: