東北本線を北上 ~2017夏の東北乗り鉄旅(1)~

 夏休みに2泊3日で東北乗り鉄の旅に行ってきました。3回に分けて書いていきます!
 初回の今回は1日目、東北本線をひたすら仙台まで北上したことについて書いていきたいと思います。


 朝はゆったりと起き、新宿から埼京線の通勤快速で大宮に向かいます。

画像

▲通勤快速のLCD。初めて乗りましたが赤羽~大宮の途中停車駅は武蔵浦和のみとあって、非常に早く感じました。

 大宮からは9:41発の快速宇都宮行に乗車。ここからひたすら東北本線を北上します。

画像

▲快速宇都宮行(4520Y)。湘南新宿ライン・大船始発の列車で、車両は小山車でした。

 時間帯も平日午前の逆方向ということもあり、車内はそれほど混雑も見られず快適でした。途中、遅延が数分発生しましたが無事宇都宮に到着。定刻より約5分遅れの10:55頃到着しました。

画像

▲宇都宮到着。

 宇都宮からは黒磯行に乗車。

画像

画像

画像

▲黒磯行(645M)。宇都宮~黒磯は基本的に205系600番台によるロングシート輸送です。

 11:07に東京方面からの接続列車が到着。この乗り換え客で一気に車内には立ち客も見られるようになりました。宇都宮で乗り継ぐ際は接続する1本前の列車に乗るようにすると座れる確率も高くなります。
 11:11に宇都宮を発車。未だにドアチャイム付きの205系には違和感を持ってしまいます。徐々に乗客も減っていき、12:02に黒磯着。

画像

▲黒磯名物(?)のサボ展示。

 黒磯からは交流区間となり、車両の雰囲気も大きく変わります。現在は黒磯~新白河は交直流車のE531系3000番台または気動車のキハ110系による輸送ですが、2017年10月14日改正以前は交流車のE721系や701系、721系による担当でした。車両が変わった要因として直流交流の切り替え区間が従来は黒磯駅構内だったのですが、2018年より黒磯~高久に移設することとなり交流車が黒磯駅まで入線できなくなるということです。この旅行は2017年8月なのでまだ交流車による担当でした。


※現在とは時刻が異なっているのでご注意ください

画像

▲黒磯駅で「郡山行」を見ることは現在はできません。

画像

▲黒磯駅に停車する郡山行(2137M)E721系1000番台。この1000番台は4両編成なのが特徴です。導入が2016年なので、この車両の黒磯乗り入れの光景は僅か1年ほどしか見られませんでした。

 初めて1000番台に乗車したので簡単に車内を撮ってみました。

画像

画像

画像

▲平成29年製。E721系では初めてとなる「サハ」です。

 車内にはそれほど乗客は多くなく、12:34に黒磯を発車。この区間を交流車で乗った最後の機会だったので、記念に黒磯→高久の一区間を録音しました。

画像

▲途中の新白河の車止め。現在はここで列車が分断されています。

 矢吹あたりから混み始め、終点の郡山には立ち客も。いつもこの区間は混む感じがします。13:36着。

画像

▲郡山到着。

画像

▲郡山でE721系0番台(左)と1000番台(右)の並び。0番台の帯は赤色、1000番台の帯はさくら色です。

 郡山では乗り継ぎ列車を1本見送り、昼食を購入。すると、謎の臨時列車が入線。

画像

画像

▲その姿は・・・四季島でした!ホームの警備員さん曰く、磐越西線から来たとのことです。初めて実車を見ることができたのでラッキーでした。

 郡山からは福島行に乗車。

画像

▲福島行(1145M)。なんと先ほど、黒磯から乗ってきた編成がそのまま充当されました。

 発車メロディーであるGReeeeNの「扉」が流れて、郡山を14:09に発車。毎度のことですが南福島あたりの景色は綺麗で見入ってしまいます。終点の福島には14:55に到着。

画像

▲福島駅。

 せっかくなので入場券を購入して新幹線ホームへ行き、「やまびこ」と「つばさ」の連結シーンを見てみることにしました。乗る機会はありましたが、見る機会はなかなかないもので・・・。
 山形新幹線は14番線からしか繋がっていないので必然的に下りの解結も上りの連結も14番線で行われます。

画像

画像

画像

▲「やまびこ」144号と「つばさ」144号の増結シーン。先に「やまびこ」のE2系が連結器を開けて待機。その後、「つばさ」のE3系が連結器を開けて入線します。見物客も多く、純粋に連結を見るのは面白いですね。

 新幹線ホームではその他にも色々見ることができました。

画像

▲「やまびこ」50号。E3系の元・こまち編成(R編成)を久しぶりに見ることができました。

画像

▲「はやぶさ」22号+「こまち」22号。H5系は初めて見ることができました。ただ、もの凄いスピードで通過するので非常に撮りづらい・・・。

 1時間ほど新幹線ホームに滞在し、東北新幹線の魅力を堪能。再び東北本線の旅に戻ります。

画像

▲福島駅には大量の719系が。廃車されてしまうのでしょう・・・。

画像

画像

▲福島からは仙台行(587M)に乗車。E721系1000番台+701系の6両編成でした。

画像

▲E721系と701系の連結面を701系側から見た写真。E721系の方は連結面の床が黄色で、バリアフリー化の進歩を感じました。

 福島を17:35に発車。帰宅ラッシュと重なっていたので途中まではかなり混雑していました。
画像

▲貝田~越河付近。霧が凄かったです。

 だんだんと日も暮れ、真っ暗に。今回の宿は仙台の一駅手前の長町にあるので、そこで下車。18:52着。

画像

画像

▲霧雨が降る長町駅。2006年に高架化され、仙台市営地下鉄とも接続する大きな駅です。駅の反対側にはIKEAなどもあり、商業施設も充実しています。

 一旦宿に荷物を置いて、夜の仙台に牛タンを求めに繰り出します。仙台市営地下鉄南北線の長町1丁目駅が近かったので、そこから勾当台公園へ行きました。

画像

▲途中、仙台で2015年に開業した仙台市営地下鉄東西線のホームへ。ただ、夕ラッシュ時間帯ですが南北線と比べて乗客が少ないように感じました。

 少し時間が遅くなったので閉まっている店もあったのですが無事に牛タンを食べることができました。帰りは仙台駅に行き、JRで戻りました。楽天ファンの方が多く乗っていましたが、試合には負けてしまったようで落ち込んでいました・・・。本当に8月は楽天にとって辛い時期でしたからね・・・。

 その後、長町の宿に戻り1日目は終了。

 (2)の方も閲覧していただければと思います。

"東北本線を北上 ~2017夏の東北乗り鉄旅(1)~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: