井の頭恩賜公園開園100周年記念乗車券・入場券が発売されました

 2017年5月1日、井の頭恩賜公園が開園100周年を迎えました。
 それを記念して、JR東日本・京王電鉄から記念乗車券・入場券が発売されました。両社とも公園最寄り駅である吉祥寺駅、そして京王電鉄には「井の頭公園」駅まであるのですから、今まで多くのアクセス客が利用したことでしょう。


 まずはJR東日本。「井の頭恩賜公園開園100周年記念入場券」が発売されました。

画像


 吉祥寺駅・三鷹駅入場券、おとな・こどもそれぞれ1枚づつの4枚セットです。入場券の硬券には中央線の車両、象の「はな子」や井の頭池の写真が。
 台紙には井の頭恩賜公園の歴史年表も。昔、天然池水プールが存在していたとは驚きです。2014年に野球場が完成したのは知りませんでした・・・。


 続いては京王電鉄。「井の頭恩賜公園100周年記念乗車券」が発売されました。

画像


 渋谷→200円区間、吉祥寺→200円区間、井の頭公園→200円区間(こども)、そして旧・帝都電鉄時代に発行されていたという井の頭線乗車券と井ノ頭動物園入園券がセットとなった券のレプリカの4点セット。特に旧・帝都電鉄時代のレプリカは、貴重な気がします。
 台紙には井の頭線駅舎と歴代車両、そして象の「はな子」が印刷された、今までの井の頭線と井の頭恩賜公園の関係の歴史の深さを感じる素晴らしいものでした。



 個人的にも井の頭恩賜公園には深い思い入れがありますし、先月は男友だちと寂しくアヒルボートに乗りました。多くの人に愛される公園ですし、自分もその1人です。このような記念乗車券・入場券の発売は嬉しかったですね。

"井の頭恩賜公園開園100周年記念乗車券・入場券が発売されました"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: