18きっぷで東北方面へ(1)

 昨日から今日にかけて、「青春18きっぷ」で東北方面へ行ってきました。今回の行程は

{1日目}上野→宇都宮→黒磯→郡山→福島→飯坂温泉→福島→米沢→山形→左沢→山形

{2日目}山形→仙台→市営地下鉄→仙台空港→名取→福島→郡山→いわき→勝田→上野
です。今回は私鉄などにも立ち寄ります。


 朝5時40分頃、上野駅。5時46分発の宇都宮行きに乗ります。列車はE231。入線は遅く、発車5分前くらいでした。

 18きっぱーと思われる人がいました。

画像

 大宮を過ぎた辺りでやっと日が出ました。

 7時29分に宇都宮に到着しました。ここで7時37分発の黒磯行きに乗り換えます。

画像

 211系。私は211系は全てロングシートと思っていましたが、今回はボックス席でした。少し211系を見直し(?)ました。

 ちなみに、宇都宮~黒磯間の211系は205系のメルヘンに置き換えられます。すでに数編成いるようです。まさかのロングシートでの出場となったようですが…。せめて日光線は観光路線でもあるので、ボックス席付けようぜ…と思いました。

 8時28分に黒磯に到着。ここで8時37分発の郡山行きに乗り換えます。

画像

 黒磯駅で大きく輸送体系が変化します。黒磯からは交流。

画像

 E731系。走ルンですの一種です。

画像

 E731系の車内。座席はやはり固い。

 もちろん自動放送も搭載されています。ただし、首都圏とは微妙に構成が異なります。

 
画像

 福島県内に入ると雪が積もっていました。東京に住んでいる私にとっては初雪です。

 新白河で10分停車するなどして、9時52分に郡山に着きました。帰省客で郡山から新幹線に乗ろうとする人が多く、最後は混雑していました。ここで10時09分発の福島行きに乗ります。

画像

 701系。私が今回の旅で一番恐れていた車両です。

 ロングシート、VVVFは209と同じ(更新工事でVVVFが更新されているようですが)…などなど結構、嫌われています…。

 10時55分に福島に到着。ここから福島交通飯坂線に乗り換えます。

                                        続く

"18きっぷで東北方面へ(1)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: