イギリス旅行記 ~ロンドン観光編~

 今回はあまり鉄道要素がありませんが、8月のイギリス旅行でのロンドン市内の観光名所について簡単に振り返ってみたいと思います。個人的な記憶整理も兼ねてなので、あまり参考にならない記事かもしれませんが…


■1日目

 ヒースロー空港からヒースロー・エクスプレスでパディントン駅へ。
※8月27日投稿「ヒースロー空港の連絡鉄道、ヒースロー・エクスプレス」で詳細を紹介しています



IMG_5020.JPG
▲ヒースロー・エクスプレス。とにかく160キロは速かった。

 その後は地下鉄を乗り継いで、ロンドン市内の宿泊先へ向かいました。確か下車したのはユーストン・スクエア駅。地上までは階段しかなく、重い荷物を持った人にはちょっと不便だな…と感じます。


■2日目

 この日は大英博物館へ。

雨に濡れた街.jpg
▲徒歩でも遠くない距離だったので、散策しがてら向かいました。地面が濡れていますが、急に雨(スコールみたいなやつではない)が降ったりやんだりを繰り返すので折りたたみ傘があって助かりました。

大英博物館 エントランス.jpg
▲大英博物館。10:00からのオープンと同時に入館しました。入場は無料で“寄付”というかたちで払う人は払うという方式。だんだんと混んでくるので早めに来てよかったと思いました。

ロゼッタ・ストーン.jpg
モアイ像.jpg
▲1番人気のロゼッタストーン。その他にも世界史全くわからない自分ですら見たことのある展示物が多く、必見です。

漫画店.jpg
▲この日は特別企画で「マンガ展」というものが開催されており、グッズショップやポスターなどは日本語で溢れていました。ただ、特別企画は料金が必要とのことなので行きませんでしたが…。個人的にはグッズショップにあった「巨人の星」はイギリスでウケているのか気になります。日本で言えばクリケット漫画が話題になる…みたいな?

魚.JPG
▲大英博物館のレストランで注文した「フィシュアンドチップス」。地味にポテトが多くて結構お腹にたまります。

武者.jpg
▲日本展示館もあるんですね。まさにここだけ見ていたら普通の日本の博物館みたいな雰囲気。



 午後は再び移動。

2階建てバス そんお1.jpg
2階建てバス その2.jpg
▲ロンドンといえば2階建てバス。新しい型も導入されていますが、時折古そうな型も見つけることができました。

協会カフェ.jpg
協会おつあ.JPG
▲教会カフェ。教会の中で紅茶などを飲むことができます。

地下鉄の駅は丸い.jpg
▲ロンドン地下鉄のSt.Paul’s駅。セントラルラインは1900年開業、とにかくトンネルが狭い!

リバティロンドン.jpg
デパート内.jpg
▲ロンドンの老舗デパート、リバティ・ロンドン。1875年開業…建物もレトロでいい雰囲気でした。自分が欲しがるようなものは売っていませんが…

木漏れ日公園.jpg
▲朝は雨が混じっていましたが、午後は日差しもでて過ごしやすい天候になりました。


■3日目

 この日はロンドンから少し飛び出して「ハリー・ポッター スタジオツアー」へ行ってみます。ハリー・ポッターの撮影に使われたセットや小道具などを見ることができるなど、全世界のハリー・ポッターファンにはたまらない場所であると言えます。


 その「ハリー・ポッター スタジオツアー」の最寄り駅はワトフォードジャンクション駅。1837年開業という歴史あるターミナル駅(もちろん改築はされていますが)ユーストン駅から、ウェスト・コースト本線に乗ります。


クラス313.jpg
椅子.jpg
あのボタン.jpg
▲クラス313。近郊型(?)みたいな雰囲気で、向い合せのクロスシートの車内です。シーメンス製という日本ではまず乗ることのできない車両ですが、このドアボタンは首都圏でもよく見るかたちのような…もしかしたら海外から日本に調達しているものなのかもしれませんね。

160キロ.jpg
▲最高速度160キロ。普通の近郊区間でもかなり飛ばすのは驚きました。ワトフォードジャンクション駅は快速で1駅20分なので、それほど迷うことはなさそうです。


ハリー・ポッターバス.jpg
エントランス.jpg
▲郊外のワトフォードジャンクション駅からは、専用のシャトルバスに乗り換え。こちらも2階建てバス。住宅街を15分ほど走って、ついに「ハリー・ポッター スタジオツアー」に到着。入り口のセキュリティーチェックが厳しかったです。

展示その1.jpg展示その3.jpg展示その2.jpg展示その4.jpg
▲様々な展示が。どれもよく作り込まれています。…非常に浅い感想ですが、実は自分はハリー・ポッターシリーズを見たことがなく、本当によく分からないのです…。でも展示がスゴいのは事実です。

展示その5.jpg
▲蒸気機関車とホームまで完璧に再現!記念撮影してもらうスペースもありました。

展示sの6.jpg
▲屋外にも展示が。想像以上に広かったです。

展示その7.jpg展示その8.jpg
▲襲撃されるシーンや城の模型までしっかり再現されていました。

バタービール.JPG
▲バタービールもしっかり再現。美味しかった。

 ハリー・ポッターの世界観を知らない自分でも楽しかったです。調べたところによるとチケット入手が難しいらしいので、行く前はこんな自分が入館していいのか申し訳ない感はありましたが…
 その後は再びワトフォードジャンクション駅へ戻り、ロンドン市内の宿泊先へ。


■4日目

 この日はロンドンを大きく飛び出してヨークへ。イギリス国立鉄道博物館などに向かいました。こちらは鉄道成分多めなので、別記事にてまとめました。




■5日目


 この日は主に地下鉄を乗り継ぎながらロンドン市内を観光。まずは朝一でナショナル・ギャラリーへ。

ナショナル・ギャラリー.jpg
▲2,300点を超えるヨーロッパ絵画を貯蔵している世界的に有名な美術館。こちらも入館料はタダで、寄付制というかたちをとっています。

ひまわり.jpgヨット.jpg
▲ゴッホの「ひまわり」など誰でも知っている名画があるので、絵画に全く詳しくない人でも楽しめるのではないでしょうか。


 次はバッキンガム宮殿へ。イギリス王室の宮殿で、外周護衛を担当する兵隊の交代儀式が有名ですが…見れるのでしょうか。

バッキンガム宮殿.jpg
▲バッキンガム宮殿。やはり観光客の数が多いです。

兵隊.jpg
兵隊その.jpg
▲結果は…ちょうど交代儀式を見ることができました!調べてみると4月~7月は毎日、その他の月では2日に1回に11:30頃に見ることができるとのことです。しっかりと足並みが揃う姿は一見の価値ありです。周辺にはお土産店も充実しており、ここで実際に色々購入しました。

 続いては、イギリスを代表する高級百貨店ハロッズを見学。


くまさん.JPG
▲店内はまさに“高級”そのものの雰囲気。中東からの観光客が多いように感じました。このクマのマスコットでは写真を撮る人も多いですね。


 最後にロンドン交通博物館へ。こちらは地下鉄やバスなどのロンドン市内の交通について学ぶことができます。どちらかといえば子供向けの展示も多い印象ですが、歴史などはとても勉強になると思います。ヨークの大聖堂のときみたいに、現地の人など分かるはずのない日本の某大学の学生証を見せるとまさかの学生料金適用という受付の人のありがたい対応に感謝しながら入館。

a88.JPG
▲外観は街に溶け込んでいる感じで、あまり博物館らしくありません。

交通のお1.jpg
交通のお2.jpg
▲エントランスには世界各地の地下鉄の路線図が描かれた壁が広がっています。もちろん東京も!「新線池袋」という駅名に時代を感じますが…

交通のお3.jpg
▲模型を使ったトンネル工法の説明。よくよく考えてみればロンドン地下鉄の多くの路線が日本の銀座線より歴史が古いのですから、設備の拡充などが難しいというのは仕方ないことなのかもしれません。

交通のお4.jpg
▲ロンドン地下鉄の昔の車両。元ノーザン線の車両でしょうか。


交通のお5.jpg
▲2階建てバスの古い型。階段も登ることができました。いつまでもロンドンの象徴として続いてほしいものです。


 お土産店も充実していて、過去の地下鉄のポスターが描かれたポストカードや路線図が描かれたTシャツなど、結構マニアックな商品もあったのが印象的でした。

さかな天国.JPG
▲夕食はホテル近くのレストランでフィシュ&チップス。味付けもちょうどよく、美味しかった。そして安定のポテトの多さ。


■6日目

 7日目は飛行機乗るだけなので、実質的にこの日がロンドン観光最終日。


ロンドン橋1.jpg
▲まずはロンドン橋。午前中なので西を向くかたちが順光。


ロンドン橋3.jpg
▲テヌズ河。思ったより濁っているんですね…でも船だったり観覧車が写っている姿はロンドンらしさを感じます。

ロンドン橋2.jpg
▲ビック・ベン。しばらく工事中とのことで…

ロンドン橋4.jpg
▲ウエストミンスター寺院。王室などにゆかりがあるらしい。


西武広告.JPG
▲ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館。V&Aなどと呼ばれています。芸術とデザインを専門分野とした博物館ですが、なんと西武鉄道のポスターが展示!伝統芸能と現代の鉄道を組み合わせた「和」を感じることができるデザインです。


 そして、いよいよロンドンとお別れのとき。パディントン駅から一足先にヒースロー空港に行き、今夜は空港周辺のホテルに泊まります。初のヨーロッパで不安が大きかったですが、終わりが近づいてくると名残惜しくなってきます…


パディントン1.JPG
パディントン2.JPG
▲パディントン駅の名物、「くまのパディントン」の銅像。かわいい~
 中央改札(?)から見て1番左側のホームにあります。

 ヒースロー・エクスプレスでヒースロー空港へ。
 少しややこしいヒースロー空港の駅の位置関係については以下の記事にまとめました。




空港ホテル.JPG
▲ヒースロー空港からホテルエリアへは5分ほど歩きますが、屋根があるので雨に濡れずに移動できます。泊まったホテルはデザインが空港仕様でカッコいい!



■7日目


a1.JPG
a3.JPG
▲JALはターミナル3からの出発。ターミナル内にあるこの店の看板の意味が未だに何なのか理解できません…

a4.JPG
▲28番出発ゲートはJAL専用(?)。日本語のアナウンスが聞こえるとき、これまでにない安心感が。機体のB787に乗り込み、JALの出発前の音楽が今までにないくらい心に染みました。


さよなあ.jpg
▲そして離陸。さよなら!ロンドン、イギリス!!



 非常に内容が薄くなってしまいましたが、ロンドン市内の主要観光地も多く回ることができたと思います。行く前は全くイギリスの知識はなかったのですが、11月発売のポケモン剣盾も舞台がイギリスですし(?)少しずつイギリスの地理だったりを勉強していこうかな~なんて思います。
 鉄道オタクの自分にとっては人生で初めて海外の鉄道に乗ることができた…これは一生忘れられない思い出ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント