奥羽本線で板谷峠越え ~2017夏の東北乗り鉄旅(6)~

 ついに夏の東北乗り鉄旅、最後の記事です。新潟を出発し、米坂線経由で米沢に到着しました。
 (6)では奥羽本線で板谷峠越えと帰京への道について書いていきたいと思います。

画像

画像

▲米沢駅。西口は市街地側にあるとあって様々な店が並んでいます。しかし、東口(2枚目)はロータリーがあるくらいでひっそりとしていました。地方駅あるあるですね。

画像

▲米沢駅東西自由通路から。「つばさ」が福島・東京方面へ向かうシーン。今回は普通列車で福島へ抜けます。

 奥羽本線の米沢~福島の区間は板谷峠を越える山深い区間であるため、普通列車の本数は1日あたり6本のみの設定です。ほとんどの利用客は途中無停車の「つばさ」を利用してしまうので仕方がないのかもしれません。
 発車時刻が近づいてきたので、改札に入ります。

画像

▲2番線から13:08発の福島行(434M)に乗車します。この区間の普通列車は山形線とも呼ばれています。

画像

▲山形車両センター所属の719系5000番台2両編成。米沢~福島の区間の普通列車は必ず719系5000番台が充当されます。東北本線などで活躍している0番台は置き換えが進んでいますが、当分こちらの5000番台は置き換えの話は出てこないでしょう。

 発車前にだいたいの座席が埋まります。18切符シーズンのこの区間は利用客が集中してしまうので、かなり混雑するイメージです。過去に一度、この区間を18切符で通過しましたが立ち客も多数出るほどの混雑でした。

画像

▲「つばさ」135号山形行と交換待ちをして、13:08に米沢を発車。

画像

▲次の関根までは単線区間。標準軌の直線がどこまでも続きます。

 関根からは複線区間となり、板谷峠へ。かなり山深くなり、上り勾配がキツくなります。空転を起こさないか、運転手も大変でしょう・・・。
※ちなみに板谷峠区間は運転台後ろのカーテンが下ろされますので今までのような前面展望はできません。

画像

▲(見づらいですが・・・)大沢駅。豪雪地帯なので板谷峠区間の駅にはスノーシェルターが設置されており、異様な雰囲気です。

画像

▲駅間では全く建物は見当たりません。2年前の秋に乗車したときは、紅葉が綺麗でした。

画像

▲13:25、峠。標高626メートルと奥羽本線内では最も高い峠駅は、駅前の「峠の茶屋 力餅」が製造している「峠の力餅」がホームで立ち売りされています。一部の乗客は僅かな停車時間を利用して購入していました。

画像

▲米沢側と天候も変わり、雨も降ってきました。山岳区間は天候が変わりやすいですね。

 板谷を過ぎると山形県と福島県の県境がある・・・のですが、この区間には赤岩という駅があります。ですが、1日平均利用客数は0人。2012年からは冬季のみ安全のため全列車通過の処置がとられるようになり、2017年3月4日からは通年全列車が通過するようになってしまいました。現在は休止駅となっており、このまま廃駅となる可能性もあります。秘境駅として一部のファンからは人気があったようですが・・・自分も一度行ってみたかったです。

画像

▲赤岩駅を通過。もちろん無人のホームです。

画像

▲上下線がかなり離れた状態で松川を渡ります。

画像

画像

▲徐々に下り坂を下るようになると、車窓左側には福島市街地が見えてきます。実は先ほどの山岳区間は福島駅と10~15キロほどしか離れていません。

 庭坂からは完全に福島市の郊外。本当に車窓の移り変わりが激しい区間です。

画像

▲笹木野~福島。この区間から奥羽本線と山形新幹線の単線並列区間となり、左側の奥羽本線は地上を走り福島駅へ到着しますが、右側の山形新幹線は高架となり東北新幹線と合流します。

画像

▲13:54、終点・福島に到着。米沢から46分、非常に見応えのある車窓でした。


 福島からはとにかく列車を乗り継いで東京に帰ります。

画像

▲14:20発の郡山行(1146M)に乗車。701系4両編成。

画像

画像

▲郡山では「フルーティア+通常塗装+あかべぇ塗装」という磐越西線・快速が停まっていました。719系0番台の現行塗装が全て集まった編成ですね。

画像

▲郡山からは水郡線に乗車。15:55発の水戸行(330D)で水戸へ。キハE130系2両編成に揺られ、3時間10分かけて終点・水戸には19:05に到着。もちろんあたりは真っ暗になっています。

 水戸からは常磐線で帰京。最寄り駅に到着したのが0時を過ぎてしまい、かなり疲れました・・・



 今回の新規乗車区間は

羽越本線 新発田~新津
米坂線


です。だいぶ南東北の未乗路線も少なくなってきました。また、7年前に爆睡してしまった区間があった「きらきらうえつ」「リゾートみのり」のリベンジもできたことも嬉しかったですね。
 ダラダラと書いてしまいましたが、これで2017夏の東北乗り鉄旅は完結です。ブログの投稿が遅れ気味なのは反省ですね・・・。

 また近々、東北行きたいですね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック