臨時急行 飛田給行き、今年も走る

 昨日、5月28日。東京競馬場で日本ダービーが開催されました。
 京王は競馬開催時は列車の本数を増やし、レース終了後には臨時急行新線新宿行きが運行されていますが、日本ダービーなどの大きなレース時には急行飛田給行きも運行されます。飛田給には急行が停まらないのに、終着駅となるという不思議な列車ですが…。年に数回しか見れないので、今年も見に行ってきました。


 13時過ぎに京王競馬場線へ。

画像

画像

▲9704F。

画像

画像

▲9705F。「京王線で東京競馬場へ行こう!」HMが装着されています。


 府中競馬正門前発の15時過ぎまでは9704Fと9705Fが東府中⇔府中競馬正門前を10分間隔で運行し、その後に臨時急行新線新宿行き、そしてお目当ての臨時急行飛田給行きが運行されます。

画像

▲臨時急行飛田給行き。今回は15:48~17:08まで20分間隔で5本運行されました。すべて9704Fによる運行のため、終点・飛田給に到着してからすぐに府中競馬正門前まで折り返します。

 最後の17:08発の急行飛田給行きは乗車してみることにしました。

画像

▲発車標。

画像

▲発車待ち(逆光ですが…)。

画像

画像

▲このような表示も貴重です。

 終点の飛田給では各停新宿行きに連絡します。

 沿線では多数のファンが詰めかけ、注目を浴びていました。次に機会があれば、見に行ってみたいです。
(7000系や、8000系の飛田給行きも見たいな…)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック