長野・群馬を走るローカル私鉄の旅(その2) ~上信電鉄上信線~

※(その1)の続きです。

 今回は群馬を走る、上信電鉄上信線です。

 上田電鉄を乗り終え、しなの鉄道線で軽井沢へ向かいます。13:57発の小諸行き(1648M)に乗車。

画像

▲115系2両編成。2013年にJR東日本から譲渡された編成です。

画像

▲115系に乗る機会も東日本では貴重になってきました。

 行きは快速でしたが、乗っているのは普通列車。ただ、それほど時間は変わりません。小諸には14:18に到着。
 小諸で軽井沢行き(770M)に接続します。

画像

▲左が小諸始発の長野行き(653M)で、右がこれから乗る軽井沢行き。

画像

▲軽井沢行きは115系3両編成なので、ドア上に広告のモニターが設置してあります。このモニターこそが「しなの鉄道」らしい!?

 7分接続で14:25に発車。浅間山を左手に見ながら、終点の軽井沢には14:50に到着。ここで大急ぎで乗車券と自由席特急券を購入し、北陸新幹線に乗り換えです。
 
 ホームに降りると接近メロディーの「海の駅」が鳴っており、E7系が入線してきました。「あさま」620号で軽井沢を後にします。14:59に発車。自由席は満席だったので、デッキで立つことにしました。
 話がそれますが、この接近メロディー「海の駅」と発車メロディー「JR-SH1-1」の組み合わせが「軽井沢だなぁ…」と感じます。そんな軽井沢を今回の旅では行きと帰り合わせて、17分の滞在時間でした…。
 この列車は安中榛名を通過するので、僅か15分で高崎に到着。ものすごいあっという間に感じました。高崎15:14着。

画像

▲「ぐんまちゃん」が群馬県内にいるということを実感させてくれます。

 ここで、いよいよ今回の旅二つ目の目的地である上信電鉄上信線に向かいます。

 上信電鉄の窓口で「1日全線フリー乗車券」を購入します。
 
 上信電鉄の1日全線フリー乗車券

金額:2220円(小児:1110円)
フリー区間:もちろん全線
販売箇所:高崎・吉井・上州福島・上州富岡・下仁田

という切符です。ちなみに単純に全線往復した際の普通運賃と同じ値段です。切符は新型7000形が描かれた硬券です。ちなみに、この日の新型7000形は車庫にいました…。
 さて、いよいよ上信電鉄上信線初乗車!

 そもそも上信電鉄上信線とは

区間:高崎~下仁田(全線電化、単線)
駅数:21
総距離:33.7キロ
全通:1897年

という路線。かなり歴史の古い路線ですね。

 1面1線のホームに停車していたのは途中駅止まりの上州富岡行き。終点の下仁田までは行きませんが、せっかくフリー乗車券を持っているので、これに乗ってみます。

画像

▲待っていたのは200形。登場から半世紀という古い車両。

画像

▲内装も時代を感じます。

 上州富岡行きは15:34に発車。ロングシートの座席は7割ほど埋まっていました。
 しばらくは高崎市内の住宅地を走ります。最近開業した新駅である佐野のわたし駅もありますし、通勤通学需要はありそうです。一つ意外であったのは駅間の信号所が3カ所もあるということ。スムーズに行き違いを行います。
 ただ、気になるのが乗り心地の悪さ。かなり揺れが激しく(しかも普通の直線区間で)、座席に座っているだけでピョンピョン跳ねます。ちょっとこれは改善してもらいたい。
 終点の上州富岡には16:12に到着。

画像

▲上信線の主要駅の一つである上州富岡。

画像

▲世界遺産・富岡製糸場の最寄り駅、ということで最近駅舎がリニューアルされました。

 せっかくなので、次の下仁田行きまでの約30分で製糸場の前まで歩いて見ていくことにしました。距離にして徒歩約10分です。

画像

画像

▲今回はスルーということで…。

 再び駅に戻り、16:42発の下仁田行きに乗車します。車両は先ほどの200形の色違いです。車内はガラガラで、ついに南蛇井からは自分と地元の客の二人のみになっていました。

画像

▲下仁田までの乗客は少ないようです。

 下仁田の一つ手前の千平からは一気に景色が山となり、厳しいカーブが続きます。一区間3.8キロを約8分かかって隣の終点、下仁田へ。17:06着。

画像

▲右側が乗ってきた200形。下仁田駅には側線があり、車両が留置されています。

画像

▲終着駅らしく、大きい駅舎。

 夕方を迎えた下仁田駅周辺は本当に静かで、人がほとんど出歩いていません。ただ一カ所だけ、駅から少し歩いた場所にあるAコープ下仁田店は人がいました。

 先ほどの折り返しの17:25発の高崎行きで下仁田を後にし、高崎には18:30に到着。下仁田から乗った客は自分だけでした。

 これで上信電鉄上信線完乗!
 車両も自社発注から他社からの譲渡など、バラエティーに富んでいて楽しいですし、ファン向けに記念乗車券なども豊富にあります。是非、行ってみてはどうでしょうか。ただ、もう一度繰り返してしまいますが乗り心地は何とかして欲しいな…と思います。


 高崎駅で駅弁を買い、19:16発の湘南新宿ライン快速国府津行きで東京に帰りました。



 今回の旅で、未乗であった上田電鉄と上信電鉄に乗ることができて大満足でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック