山形新幹線、初乗車!

 11月3日~4日にかけて、所用で山形に行ってきました。特に鉄道目的で行ったわけではないですが、3日の少しだけ時間があったのでその旅行記について書いていこうと思います。

 山形へは山形新幹線を使います。自分は山形新幹線初乗車だったの良かったです。


 東京駅には8:30前に到着。時間があったので簡単にホーム上で撮影しました。

画像
 
 E7系。実は年始早々に乗る予定(軽井沢までですが…)があるので、楽しみです。

画像

 E4系。廃車も進められ、旧塗装も数少なくなりました。

画像


画像
 
 E3系。「こまち」から撤退後も「なすの」として活躍中。E5系とパートナーを組んでいます。



画像

 そして、今回乗車する「つばさ 129号」山形行き。福島までは「やまびこ 129号」を併結します。何度見ても、山形新幹線新塗装は強烈ですね…。

 「つばさ」は8:56に発車。上野・大宮でも乗車があり、最終的には8割くらいの乗車率となりました。郡山や福島までの利用者も多かったですが。

 福島で「やまびこ」と解結。東北新幹線から西に分かれ、単線の高架橋から一気に地上の奥羽本線に駆け下りるのが新鮮でした。


画像

 福島~米沢の板谷峠はとても紅葉が綺麗な時期でした。この区間を普通列車で乗った時は冬だったので、同じ区間でも大きく車窓の印象が異なります。

画像

 自分は米沢の次の赤湯で下車。11:14着でした。2時間ちょっとで到着とは、とても早く感じます。

画像


画像

 赤湯駅の駅舎はとても綺麗でした。ガラス張りで明るい駅舎内です。



 ここで降りた理由は…この駅で接続する山形フラワー鉄道長居線に乗るため!未乗区間で折角時間があるので乗ってみることとします。

…にしても接続が悪い。1時間近くあるので、しばらく駅周辺をぶらつきます。



 駅の北側に回り、奥羽本線と山形鉄道の踏切を渡ります。

画像
 
 右が山形鉄道の1067ミリ、左が奥羽本線の1435ミリ。二つの線路幅を超える踏切も珍しい??

画像

 奥に山形鉄道の車両が停まっています。すすきが綺麗ですね。


 踏切を渡り、さっきの駅舎の反対側へ。駅の反対側に出るのに10分以上かかってしましました。よくよく考えたら、駅構内をスルーすればいいのに…。


画像


画像

 そして見えてきました。先ほどの駅舎はJRのものですが、こちらのこじんまりした駅舎は山形鉄道のものです。

画像

 JRとは跨線橋で連絡しています。



 まだ時間があるので、山形鉄道のホームからJRを撮影。


画像

 E3系、新塗装。



画像


画像


画像

 E3系、旧塗装。こちらは見納め間近!


画像


画像

 701系。立派なスノープラウですね。機器更新されていて「あの音」は聞けませんでした…。



画像

 次回は山形フラワー鉄道乗りつぶしについて書いていきます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック