9月25日改正で大幅変化!日中の京王線⇔都営新宿線の直通列車

 今日も京王線ダイヤ改正ネタです。


 趣味的には一番面白い変化だと思うのは、日中の直通列車の変化です。

 ダイヤ的には今まで区間急行のみだった直通列車に快速も加わり、1時間あたりの直通列車(ここでの直通列車は笹塚より先に乗り入れるという定義にします)が3→6本に増加。これらは都営線内は各駅停車です。

 逆に急行は笹塚止まりとなり、都営線内では各駅停車が直通で急行が完結運用と少し不思議なダイヤになりました。まぁ、笹塚で京王線新宿始発の準特急に接続するので、利便性は保たれていますが。


画像


画像

 区間急行は改正前と変わらず直通列車の中心的存在。ただ、改正後は都営車での運用も多くなり、8両編成も充当されるように。ちなみに、京王多摩センターで準特急と緩急接続を日中でも行うようになりました。



画像


画像

 快速は改正前は京王線新宿発着でしたが、改正後は直通列車に。よって日中の快速は9030系や都営車による運用となりました。こちらも8両編成が充当されることがあります。ちなみに、八幡山では通過待ちを行うように。ますます遅くなる快速…。



画像


画像

 一方、急行は笹塚発着に。京王車も都営車も10両編成でも8両編成でも関係無く充当されます。




 改正により、都営車8両編成が普通に日中の優等運用に就くという以前では考えられなかったような事態になりました。趣味的には様々な車両が来て楽しいですね!

 ですが、8両編成の優等が10両編成の各駅停車を追い抜くということも発生しており、少し戸惑ってしまうかもしれません。


 改正後の区間急行・快速はこのように大きく変化しました。今まで、区間急行・快速の御用達であった千歳烏山利用客は準特急に乗るようになり、改正前と比べて空いているように感じます。それならば、優等が8両編成という選択肢も良いと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック