9月25日ダイヤ改正で誕生!高幡不動⇔高尾山口の6両各停

 忙しかったので久しぶりの更新です。


 一旦、旅行記を中断し、ダイヤ改正から一ヶ月経った今から改正ネタを書いていこうと思います。遅すぎですね…。


 周知の通り、京王は9月25日にダイヤ改正を行いました。その中で、平日日中(40分に1本)の各停 高尾山口行きが高幡不動で運用が切られ、高幡不動から先が6両編成の各駅停車での運転となりました。そのため、平日日中に普通に高幡不動⇔高尾山口の区間列車が見ることができるようになります。

 恐らく、日中の利用客は少ないので妥当な判断かもしれませんが、わざわざ分断する意味ってあるのかと疑問に思います。

 とにかく、京王にとって節電ダイヤ以来の6両編成定期列車ということもあり、ファンからは注目されています。



 まずは下り(高尾山口行き)。

画像

 6両編成表示。

画像

 やはり短いように感じます。



 続いて上り(高幡不動行き)。

画像


画像


画像

 前パン!



 この運用は6両編成ということなので、必ず7000系の6両編成or4+2両編成が充当されます。

画像

 4+2両。



 また、改正を前にしてホームの表記等も変更されました。

画像

 6両乗車位置目標が貼られました。

画像

 停車位置確認の線(これ何て言うんだろう?)。



 感想として、6両編成での運転が丁度良いかな?という感じでした。

 ただ、何もない平日は良いですが、夏休み中の平日ダイヤ日などはいつもよりは混むと思います。そのときは6両編成じゃ足りないような気もします。実際、11月中は高尾山温泉開業で混雑が見込まれるために、高幡不動で運用を切らずに、そのまま直通するようです。
 需要に応じて、運用を上手く変えているなぁという印象です。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック